読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日記的な何か

日記的な何か。日記やレビューなんかを書いていきます。

【感想】アサシンクリード

感想(映画)

有給を取ったので映画アサクリを見に行きました。 若干ネタバレあります。

ゲームで有名なアサシンクリードが映画で登場しました。 「これは気になる!」と思って早速見に行きました。 ちなみに、ゲームのほうはほとんどしていません。 1の序盤を2時間やっただけです。 気にはなっていたからプレイしてみたんだけど、どうもゲームシステムが肌に合わなかった。

事前知識がほとんどなかったのでしょっぱなから何が何だかよくわからないままに進み、よくわからないままに終わった感じでした。 騎士団側とアサシン側が対立していることはわかるけど、それがなぜか理解したのは映画が終わってパンフレットを見たとき。 先にパンフは読んでおくべきだった。

なんというか……、主人公と博士(ソフィアとアラン)以外の存在感が希薄過ぎる気がしました。 現代の登場人物はほとんど名前すらよくわからない。 いや追体験中も名前自体はアギラールしかわからなかったけど、登場時間が違いすぎる。

追体験中はとにかく逃げるシーンが多い。 アサシンとはそういうもの、と言われればそうなのかもしれない。 逃走中のアクションは見ていて爽快で気持ちいいし。 むしろオヘダとの戦闘シーンでは、なぜアサシンが一騎打ちをしているのかと違和感があった。 私のアサシンへのイメージは闇討ちや奇襲からの一撃という偏ったものだから感じる違和感かもしれない。

全体的に不親切というか、ゲームを理解していないと置いてけぼりな気がします。 実際ゲームをほぼやっていない私は置いてけぼりを食らいましたし。 ゲームすら知らなくて見た場合、頭の中に「?」が回りそうです。 まぁ、そういう人は見ないような気がするけど……。

私的評価:★★☆☆☆(2/5)